読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWS / PHP / Python ちょいメモ

amazon web service , PHP, Python を使ったときのメモ。日本語でググってもわからなかった事を中心に。

Ubuntu Server 12.0.4 から 14.0.4 へのアップデート

新しいLTSが出たので使ってみたいと思ってたところ、コマンドでアップグレード可能との記事を見かけて、実施してみる事に。手順中のコマンドの意味からすると、まだ完全サポートではないのかなぁと思ったりもしますが、約30分ぐらいで手元の環境は新しくなってくれました!

手順

大雑把にいえば、次の3ステップで完了。3つ目のアップグレードは、いくつか確認事項も出てくるので(当たり前だけど)一番手間がかかります。

  1. 確認
  2. コマンドインストール
  3. アップグレード実行

確認

次コマンドで、現在のバージョンが確認できますので、確認しておきましょう。

lsb_release -a

コマンドインストール

アップグレードに使うのは、apt-get ではないので専用のコマンドをインストール。使っているVPSでは同梱されていませんでした。

sudo aptitude install update-manager-core 
  OR
sudo apt-get install update-manager-core 

※update-managerでもOKと思われますが、結構サイズが大きいので不要であればcoreだけで十分なのかと。

アップデート実行

次のコマンドでアップデートします。-d オプションなしだと、該当なしと出てしまいました。

do-release-upgrade -d

SSH経由の場合、切断に備えて別ポートでも待ち受けしますよなど、説明が出てきます。

一番メインの作業となるのが、各種パッケージのアップデートに伴う設定ファイルの取り扱いでしょうか?記憶では10〜15パッケージぐらいが、新しい設定ファイルがあるので、どうしますか?と聞かれました。smb.conf とか cron 関係とか。運用しているサービスであれば、既存を残して、新しいものを参考として保管しておくのが良いかな?この辺りが面倒な人は、クリーンインストールが迷いもなくいいのかもしれませんね。


メジャーバージョンを1つ飛び越えて、アップグレード出来るというのがよく出来てるなーと関心してしまいまいした。12.0.4 + PPA などで運用していた部分がスッキリしそうなので、期待値が高いです。