AWS / PHP / Python ちょいメモ

amazon web service , PHP, Python を使ったときのメモ。日本語でググってもわからなかった事を中心に。

今どきの Java の選び方 (2020年12月)

最近、サーバーサイドで Java を使いたいと思うシーンが増えたので、ちゃんと理解しようとしてみてます。

とりあえず、次の3つを読んで、ざっくり理解できた気分になってます。


自分としては、次を理解したつもり:

  • 2017年9月に、Java8 (の途中?)から有償部分もオープン化された(OpenJDKに)
  • OpenJDKではソースコードのみを管理(バイナリは別)
  • OpenJDKをベースにJDKディストーションが複数存在。所定のテスト(TCK)をパスしてるか、対応バージョンなどのポリシーなどキャラクターあり
  • Java9 以降はリリースモデル変更。LTS設定もある(Java11, 17など)
  • Java9 以降は、内部変更(Project Jigsaw)もはいってるので互換性は要確認

Java8よりあとの話をサクッと知る

@to-lz1さんのQiita投稿。


qiita.com


JDKディストリビューションの種類が多すぎて?か、SDKMAN!なるツールも出てるのねぇ。


エコシステムまでを俯瞰して理解

OpenJDKソムリエ @yamadamn さんによる、2019/11/1 公開
のスライド。

続きを読む

Cloud9 の AWS Managed Temporary Credentials の動作

AWSaws-cli で操作するとき、Cloud9のコンソール使うと便利よ。

って、JAWS-UG CLI専門支部 で教えてもらって使ってます。

紹介いただいたときに AWS Managed Temporary Credentials は OFFにして使いましょうと説明もらってた意味がわかったので紹介。

OFFにしないとどうなるの?

ONのままだとIAMロール設定なしで、S3にBucket作ったり消したりできちゃうのですね。

意図せぬことが発生するので、OFFにして、IAMロール設定が吉です。

Cloud9が動作しているEC2に、IAMロールを設定してやれば、設定したIAMロールで許可してる操作のみに制限することができるので、意図しない動作を起こさないことが保証できます。

Credentialsの設定

Cloud9のIDEを起動して、設定をすることができます。

  • Cloud9 > Preference > AWS Settings > Credentials

設定ONのとき

デフォルトだと、Credentials の AWS Managed Temporary Credentials は ONです。

続きを読む

レガシーEdge & IE11 を VirtualBox で利用

前回試したVMの他にも、MS本家より、レガシーEdge(Chroniumベースじゃないもの)とIE11を搭載するWin10の検証VM(90日利用可能)を公開されてたので使ってみました。

OVFダウンロード と インポート


仮想レイヤーにあわせてファイルが用意されてるので、VirutalBox を選択してZIPを取得

解凍したらフォルダが作成され、次の2ファイルが出てきます。

  • MSEdge - Win10.ovf
  • MSEdge - Win10-disk001.vmdk

VirtualBox の ファイルメニューからインポートします。

.ovf ファイルをダブルクリックしてもOKでした。

f:id:hidehara:20200819161248p:plain
VirtualBox インポート画面

メモリ4GBは、なにげに辛い > 自分のホストPC的に。

スクリーンショット各種

用意されているユーザー IEUser & パスは Passw0rd! でログインします (OVF置いたるページの説明通りでOK)。

ちなみに、このユーザーは管理者です(sshd という気になるユーザーもあったw)

起動直後のデスクトップ画面

f:id:hidehara:20200819185739p:plain
Desktop

シンプルですね。

続きを読む

対処:モジュール DevicePowerOn のパワーオンに失敗しました

VMware Player のVMイメージが必要で新たに用意したところ、次のエラーが出たので対処メモ。

3台用意したWindows10うち、1台だけで発生したので焦りました。


f:id:hidehara:20200812213858p:plain


vmware.log より

Power on failure messages: カーネルバイス \\.\VMCIDev\VMX を開くことができません: この操作を正しく終了しました。VMware Player のインストール後に再起動しましたか。
モジュール DevicePowerOn のパワーオンに失敗しました。
仮想マシンの起動に失敗しました。


対象OS等 :


※ホストOS再起動は終わっていて、ゲストVMをいくつかコピー作って試すものの動作しない状況でした

結論

ホストWindows10への、VMware Workstation Player のインストールが一部失敗していた。

設定 > アプリ > VMware Player を選択して、「修復」を実施。

デバイスドライバVMware VMCI Host Device が認識されてなく、不明なデバイス(値 : ROOT\VMWVMCIHOSTDEV\0000)と表示されていた症状が解決。

上記の後、「カーネルバイス \\.\VMCIDev\VMX を開くことができません」エラーがでることなく、無事にVMが起動するようになりました。

対処詳細

ゲストVM側での回避策もあったのですが、ホストOS側での対処に成功したのでゲストVMの設定は触らなくても動作させれました。

続きを読む

JAWS-UG CLI専門支部 CloudWatch 入門 オンライン参加

約1ヶ月ぶりのハンズオン参加できました! (前回参加は JAWS-UG CLI専門支部 CloudWatch Logs入門 オンライン参加

最初30分ぐらい逃しましたが、事前準備のところだったので追いつけた (わかりやすい資料に感謝です)

JAWS-UG CLI専門支部 #165R CloudWatch入門

jawsug-cli.connpass.com


左手のSQSキューにメッセージ数を、CloudWatch側で監視してて、閾値をこえたらSNSでメール送る。

というサーバーレスな仕組みを作って、試して、片付けまで行うハンズオン。

ハンズオン

今回実施したのは、こんな概要です (資料の当日バージョンより抜粋)。

続きを読む